2007年10月19日

第二十一夜「コレ何かわかりますか(その2)」



10月17日の神戸新聞朝刊の「まちをあるけば」で、兵庫区の烏原貯水池堰堤(堤防)に組み込まれた石うすの写真が出ていました。
明治の頃、貯水池が造られることになり、烏原村は水没することになりました。当時烏原村は線香の産地で、石うすは原材料を粉にするために使われていたものです。市内の水源確保のために代々の土地を離れた村人たちは、自分たちが存在した「村の証しに」と石うすを堤防に埋め込んだそうで、その数何と160個で90メートルに及ぶと記事にあります。


写真:神戸新聞記事


写真の小判型の金属は縦約15cm×横約5cmで、三宮センター街2丁目アーケードの西側入り口から5~6メートルの間隔で通りの左右両側に埋め込んであります。この金属板は通りの真ん中を挟んで左右対称になっています。ただ、この左右対称も2丁目アーケード全体ではなく、アーケードの途中で片側だけになり、そして途絶えています。

これらは昭和28年に造られたセンター街旧アーケードの支柱跡です。1984年に、古くなったアーケードを撤去して現在のアーケードにする際、半分くらい取り払ったときに、先人たちの造ってくれた財産の痕跡を残しておこうと、小判型の金属板を支柱跡に埋め込んだものと伺いました。
工事が進捗するなかで、気がついたときに残っていたものだけなので、途中で片側だけになっているのです。当時の支柱は現在よりも1m~1.5m手前だったようで、お店の間口も今よりもっと手前だった、ということはセンター街は今よりも2mくらい狭かったということが良く分かります。


写真:センター街支柱


今まで当たり前のようだったことも、なくなって少し時間がたてば分からなくなってしまうというということが、よくあります。ちょっとした機転でしょうが、それに気づき、記録を残していくということは非常に大事なことです。

石うすを残そうとした人たち、アーケード支柱跡を残そうとした人たち、両者に共通するものがあるとすれば、先人たちへの敬いであり、先人たちの歩みのうえに自分たちもあるという省察と誇りであり、自分たちの存在の証しを残そうとする熱意だと思います。これらは時代を超えて、何か精神的なものを伝承し続けると思います。


写真:左 センター街2丁目西入り口に架かっている川西英のステンドグラス/右 「未来に行く者達へ」制作:吉田隆


なお、センター街2丁目は通り自体が美術館になっているかのようです。1丁目と2丁目の交差点はアートスクエアとして4つの角に彫刻が設置してあります。また、アーケードの東西の入り口の天井には、神戸を代表する版画家:川西英(ひで)の海と山の作品がステンドグラスにして架かっています。
さらに奇抜なアイデアが進行中で、通りの中央を四角く掘りぬき、芸術作品を埋め込んで、強化ガラスで蓋をして、上から覗き込めるようになっています。下から照明がされているので、特に夜などにセンター街を歩きながら、芸術鑑賞ができるように工夫されています。この構想はまだまだ途中で、今後作品が充実していく予定と伺っています。 芸術を生かした魅力ある街づくりのお手本のひとつだと思います。
  


Posted by alterna at 22:50Comments(0)

2007年10月12日

第二十夜 「彼の休息 」

「彼の休息 ・・the world goes round」



神戸のモダニズムを代表するものに洋画とモダニズム詩があると聞きました。神戸を代表する洋画家といえば小磯良平画伯は屈指です。小磯先生の友人には神戸モダニズムの代表的な詩人のひとり竹中郁先生がおられます。竹中先生は多くの校歌も作詞されています。

現在も神戸で活躍されている洋画家石阪春生先生は小磯先生のお弟子さんであり、竹中先生の甥っ子さんでもあります。竹中先生は「絵描きなどという道楽なことはお前には向かん」と石阪先生に言われていたようですが、石阪先生に言わせると「叔父さん自体にしてさんざん道楽な人やった」ということです。僕に言わせると、両方道楽ということでいいのと違いますか・・・ということになります。

 神戸市立小磯良平記念美術館は小磯作品を多く所蔵しています。
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/57/koiso_museum/
 1927年(昭和2年)。小磯先生の東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業制作は「彼の休息」という作品です。サッカースタイルの若い男性がハンカチを片手に、表情を緩めて西洋椅子にもたれかかり一服している構図ですが、そのモデルは竹中郁先生です。当時としては最先端のハイカラさが漂っています。作品は東京美術学校で最高得点をとり、小磯先生は首席で卒業されています。


写真:彼の休息


写真の彼も休息しています。
彼の首にぶら下がっている黒いものはウサギちゃんの耳です。
ふところから顔を出しているのは遠い親戚の叔父さんかもしれません???
写真ではカットされていますが、下半身にはところどころほつれた網タイツがはまっていましたし、シッポもちゃんとありました。
 このバニーちゃんは、レストランBAR「RINGO」を支えるチーママ?・・・関(かん)君です。

Ringo2周年のパーティが今年の春にライブハウス「バリット」でありましたが、舞台の演奏よりも酔っ払ったバニーちゃんの乱舞の方が目立っていました。世の中のためにも、この際空気銃で駆除しとこかなとも思ったりしましたが・・・。
(本人の名誉のために言っておきますが、関君は普段は人当たりの柔らかいフツーの人です)

 Ringoは以前「その男・・ジョージ」で紹介した「DEEP」のジョージ君の店です。名はやはりビートルズのリンゴ・スターからでしょうね。
ジョージの第1印象は、時代劇の最初の頃に登場してきて、いきなり辻斬りに遭って、水しぶきとともに堀に消えていくイナセな遊び人風・・・・といった感じですが、隠れフアンは多いと思います。


写真:右 BAR ringo案内ハガキ/左 BAR ringoの入口

シースルーの店内にはジョージの感性がインスタレーション(空間造形)されています。
仮に表通りに手ごろな店舗候補があったとしても、ジョージは裏路地を選んでのではないかと思っています。おそらく三宮の繁華街の真ん中も選ばなかったと思います。
 場末感のある路地裏の暗がりによって逆に生かされる感覚があり、その怪しさとクールさが好奇心をくすぐって、ゆっくりと人の流れができることを知っているのではないかなと思います。場末の店・・・いけばなの吉田先生が言われる「スエ」た店・・・クールさはこういう店から生まれるような気がします。

 「神戸で一番まずいランチを食べに来た」と言って入っても「おぉーっと!!?」と言いながら快く相手をしてくれるお店です。
 時にはLPレコードで懐かしいロックンロールなどがかかったり、朝方の5時頃まで開いていますので帰れなくなったら時間もつぶせます。

 お店は南京町の西門から一筋南の路地にあります。
お店の前にあるスーツケースを模した四角い看板が迎えてくれます。
最初の頃に紹介したBAR CUBEの元メンバー、「鶴のひとこえ」の鶴田君、再三登場する元町のMr酔っ払いこと、いけばなの吉田先生などなど、このブログに登場する主要(?)なメンバーも出没します。
  


Posted by alterna at 16:23Comments(3)

2007年10月05日

第十九夜 「懐かしい・・・」



20代の女性二人と話していたときに、ひょんなことから森永チョコボールのケロちゃんの話になり、おもちゃの缶詰へと繋がっていきました。チョコボールの取り出し口であるくちばしを引っ張ってあけたときに、金か銀のエンゼルが出てくれば(銀は数枚必要だった?)、おもちゃの缶詰がもらえました。「おもちゃ」・・・しかも缶詰・・・一杯いろんなものが入っている・・・子供心にワクワクしたのを覚えています(残念ながら当たることなく、大人になりましたが・・・)。
「おもちゃの缶詰を一杯持っている人がいますよ」
「まだ当たるみたいですよ」
僕にしてみれば遥か35年以上前のことです。20代の女性からおもちゃの缶詰のことを聞けたことにびっくりするとともに、懐かしい感覚が湧いてきました。

オードリーヘプバーン扮する奔放に生きる女性が窓辺に腰かけてギターを弾きながら「ムーンリバー」を歌い、ジョージ・ペパード扮する売れない作家がそれを別の窓から微笑ましく見つめる・・・・映画「ティファニーで朝食を」はテレビのロードショーでみたくらいですが、おしゃれな映画だと思います。
ピーナッツのお菓子だったと思いますが、そのお菓子には子供が喜ぶ「おまけ」がついていて、作家はその「おまけ」の指輪を宝石店「ティファニー」で彼女に渡そうとします。当然相手にされませんが、やりとりを見つけ、寄ってきた支配人らしき初老の男性が「・・・にはまだおまけがついているんですね。子供の頃よく集めました。懐かしい・・・」というようなこと言って、おまけの指輪に二人のイニシャルを彫ってあげていました。細かいやりとりは不確かですが、子供ながら「粋な優しさ」を感じて、今も一押しのシーンです。

なぜ「ティファニーで朝食を」かといいますと、「おもちゃの缶詰」に懐かしいと思った僕の感覚が、宝石店の支配人が「おまけ」を見たときの「懐かしい」と言っていたシーンを思い出させたからです。僕と支配人の「懐かしい感覚」はたぶん同じようなものだったのだろうな、支配人の懐かしいという思いが、粋なサービスに繋がったのだろうな、と連想したからです。

ついでに思い出した僕の「懐かしい」を披露させてください。
写真の品物は昭和40年代前半に実際に僕が使っていた「べったん(めんこ)」です。関西では「べったん」というのが一般と聞いています。打ち下ろしたときの音からきている名前でしょうが、非常にわかりやすく直接的です。

この遊びはそれぞれが思い思いの「べったん」を地面に置き、ジャンケンで順番を決めて、打ち下ろしてどれかをひっくり返すゲームです。ひっくり返せばもらえます。僕は気に入った絵柄を常に狙っていました。「なんで俺ばっかりを狙うんや」などと言われたりもしました。

この単純な遊び「べったん」にも子供ながらの戦略というのがあって、ひっくり返すのが難しいように工夫をします。ろうそくの蝋を裏面に塗ったり(そのころ、僕の地域ではこれを「ろうべん」と呼んでいました。なぜかはわからないです)、二枚を糊で重ねたり、食用油に漬けたり(「あぶらべん」と呼んでいました。この油で母親はてんぷらを揚げていました)・・・こうして重くしてひっくり返されないようにしました。しかし気に入った絵柄はもったいないので、加工せずに宝物としてとっておきました。今残っているのはほとんどが保存用に取っておいたものです。


写真:むかしなつかし、べったん


収集癖が懐かしさを封印してくれていて、これらは数十年ぶりに再会を果たした品々です。なかなか昭和のレトロモダンが残っているでしょう。

当時はどんな小さな町にも商店が集まったところがあって、なんでも屋(萬屋)とか駄菓子屋が必ずあり、子供の集まる場所でした。いろいろな駄菓子のほかに「べったん」「ビー玉」「独楽」「凧」など、いろいろなおもちゃを売っていました。今駄菓子屋に代わるものがあるとすれば、コンビニがそれだと思っていますが、利用者はあらゆる世代になっているのが、少し違っています。
そういえば今、子供たちだけが寄り合える居場所(もちろん親は近くにいません。年上の子が小さい子の面倒というか、保護者の役割もするのです。そんななかでだんだんと責任感というか、年長という自覚が生まれてきていたように思います。)というのはなかなか無いですね。
そこはまた、子供だけの文化の伝承がされていた親には秘密の情報交換の場所であったと思います。

いやはや「なつかしい」
  


Posted by alterna at 17:39Comments(0)