2008年05月29日

第三十九夜

第三十九夜 ジャズ喫茶 『木馬 MOKUBA’S TAVERN』 
~神戸ジャズCITY(4)~


時代にろ過されずに残った空気がそのまま保存されたような雰囲気のジャズ喫茶があります。


写真:木馬の看板

木馬・・mokuba’s tavern・・このお店を知ったのはほんの4~5年前ですが、お店自体は相当古くからされているようで、半世紀くらいは経っていると伺いました。神戸に長く居た人に聞くとご存知の方が多く、その意味で神戸をイメージするお店と言えると思います。
現在はトアロードに面した中二階にありますが、僕が初めて行った頃はトアロードのひとつ西の筋にあって、半地下でした(さらにその前のお店の場所は知りません)。アプローチにはブルーの電飾が静かに光っていたように記憶していますが、その向こうの暗がりを抜けるとほっとする空間があるような予感がしたのを覚えています。
前のお店は、コーヒー一杯、バーボン一杯飲むためだけに銀河系の一番落ち着いた場所にはるばる行こうと言うような気になる場所、とでも表現すればいいのでしょうか。何かしら行ってみたくなる蠢惑的な魅力を感じました。お店には太いケーブルなどを巻くために造られた木製のドラムがテーブル代わりに使われていました。調度類は古いタイプライターやレジスターがさりげなくおいてありました。


写真:照明を抑え気味のカウンター


とにかくお店に入って席に着くと、鮮度を保った古い時間の一部に溶け込むようで、とても落ち着いたのを覚えています。少し照度を落とした照明など光の使い方にマスター独特の感性があるのだと思います。ほとんど白黒の濃淡で構成された世界のなかに、所々にセンスよく色彩が使われている絵画のような演出です。


写真:お店に来た有名人のサイン


現在はトアロードに面した場所に移られていますが、壁にはハーフリー・ボガードの映画のポスターが存在感を示していますし、前の店にもあった古いレジスターもちゃんと鎮座しています。
何十年も前の時間が、無限に同じ歩みを繰り返して錆びることなくそこにあるような不思議な魅力はそのままです。お店の空間そのものがアート(インスタレーション)です。それと、ある人から聞いたことですが、マスターの写真はプロ級ということです。



写真:ハーフリーボガードのポスターとジャズのジャケット


落ち着いた空間にジャズのリズム・・・コーヒーもいいですが、僕はバナナジュースをお勧めします。

ホームページはこちらです。
http://www.mokuba-kobe.com/


  


Posted by alterna at 13:00Comments(0)

2008年05月19日

第三十八夜『おおみや』~天女が微笑む立ち飲み屋

『第三十八夜『おおみや』~天女が微笑む立ち飲み屋~港街・BAR・アート(4)』

サブタイトルはなんのことやら判らないと思います。
 『おおみや』は酒屋さんが経営する立ち飲み屋さんです。場所は乙仲通に面しており、立ち飲み屋としては少し意外な所にあります。


乙仲通り・・これは正式な名称ではなく通称名です。
元町商店街の南を東西に栄町通が通っています。そのさらに南の細い東西の通りをいつからか、誰とはなく「乙仲通」と呼ぶようになったようです。
戦前の法律で輸出入手続きの取扱業者(海運仲立業)の分類が甲種、乙種となっていて、このうち乙種の取扱業者が乙種仲立業、これが縮まって「乙仲(おつなか)」と呼ばれていました。この乙仲さんが多く事務所を構えていたことから、栄町の南の通りを乙仲通と呼ぶようになったようです。正式な名称ではないので地図には載っていません。4月にこの乙仲通の愛称が公募されていましたので、近々地図や案内板に新しい名前が載ると思います。
乙仲通には古い海運業などの事務所ビルが多く残っていて、ある意味では神戸の文化資源だと思います。ここ数年来、この古い事務所スペースに新しい感性が入り、ブティック、アクセサリー、バー、カフェ、レストランなどに見立てたお店が多くできて、結構流行っています。
トアウエスト、トアイースト、磯上・・と中心市街地を取り巻くやや場末感のあるエリアが個性で賑わいを創り出してきましたが、乙仲通もそのひとつだと思います。

ところで、『おおみや』は立ち飲み屋さんです。マスターは気のいい方で、しかも注文すればショウガのてんぷらから焼きソバ、卵焼きなどなどいろいろな手料理を作ってくれる器用な方です。
早いときは9時過ぎには暖簾を下ろして「やれやれ」と一服されているのですが、いったん閉めた店を「今から10人で行くから開け!」と言って無理やりこじ開ける人がいます。元町のMR酔っ払いの吉田先生ですが、別にマスターの方に負い目はないのですが、どうしたことかいったん出来上がった力関係というか、人間関係というか、開けなかったら次にお店で何を言われるかわからん、という気もあるようで、これも傍目にはよく判ります。素直に開けたほうが無難という判断は正しいと思いますが、「マスターいつもありがとうございます」としか僕にはいえません。


この大宮さんのお店の壁にはふくよかな天女の絵が飾ってあります。奥方の輿入れの品のひとつのようですが、正真正銘の版画家「棟方志功」の肉筆画です。立ち飲み屋さんに棟方志功・・・この取り合わせの妙も神戸らしさを感じます。


ふくよかな天女は毎夜酔っ払いにやさしく微笑みかけてくれています。
 この安くてうまいお店は南京町の西門を南へ、栄町筋を越えて最初の信号を西にいったすぐのところ(乙仲通に面して)にあります。
  


Posted by alterna at 16:49Comments(0)

2008年05月09日

第三十六夜 やながせ~港町・BAR・アート(3)~

神戸の老舗BARを挙げていったとき必ず出てくるのが「やながせ」だと思います。
1966年(昭和41年)から営業されています。



港町・神戸のグッドバーを記録に残そうと出版された「酒場の絵本」は神戸出身の切り絵作家成田一徹さんの作品で構成されています。
「やながせ」は円盤型の灯火が下がるカウンターの向うに、白衣に蝶ネクタイ姿の凛としたバーテンダーが全神経を集中してシェーカーを振っている構図で描かれています。モデルになったマスターの中泉さんは御歳70を越える人とは思えないくらいにシャンとされています。バーテンダーのお手本のような方で、若いバーテンダーが中泉さんのもとで修行を積み、独り立ちしていきます。一回行っただけで名前を覚えておられたのにはびっくりしました。



「やながせ」の店内には暖炉があります。これは本物の暖炉で、毎年冬になると実際に使われているものです。若手のバーテンダーはまず薪割りから修行が始まると伺いました。

少し前までこの暖炉の上には変形横長の抽象画が飾ってありました。黄色の背景に7つの象牙色のひょろ長い三角のものが立っており、それぞれの尖がったテッペンから緑・黒・桃色・青などの煙状の噴出しをしています。コーラスで歌っているようであり、工場の煙突をデフォルメしたようであり、何かしら不思議なリズムを感じます。この絵は国際的な抽象画家元永定正さんの比較的初期の作品です。
元永先生にあの絵は阪神工業地帯の工場の煙突がモチーフですか?と聞いたことがありますが、答えは「違う」ということでした。
モチーフは内緒みたいです。噴煙をあげる海底火山のようにも見えました。

最近行きますと元永先生の絵の代わりに、船の絵が暖炉の上に飾ってありました。



「やながせ」は北野坂を登り山手幹線を過ぎて、一つ目の信号を右折して道なりに歩いて数分です(山本通1丁目1-2)。六甲荘への坂の上がり口のツタが絡まった建物です。
カウンター、壁の絵、ウィスキーボトルをはじめ、店内を構成するすべてのものが一体となって心地よい空間を演出しています。おしゃれなバーだと思います。
  


Posted by alterna at 10:51Comments(1)