2009年12月16日

三宮~北野界隈編:路地に潜むロジックとマジック -その7-


写真:[左]北野天満神社から続く石畳/[右]道標 

 「北野天満神社の階段下から東に、作家陳舜臣先生が好んだおしゃれな石畳がオランダ坂へと続いています。オランダ坂を登ると「うろこの家」があります。」

写真:[左]石畳が続く/[右]オランダ坂上り口

オランダ坂の上り口を東へ進むと「サッスーン邸」があり、ここを左折して少し登ったところに「イタリア館(プラトン装飾美術館)」があります。
「ここは元々外国人用の高級借家でした。現在は個人の方の所有で、メイドさんの部屋に住んで、本宅を開放されています。高価な西洋アンティークが部屋中に置いてあります。喫茶もできますし、予約すれば豪華な部屋で食事をすることもできますよ。」

写真:サッスーン邸の緑の塀 

写真:イタリア館(プラトン装飾美術館)の外観と館内


イタリア館から来た道を引き返すと、不動明王が祀ってある辻に出ます。
「ここは三本松広場と呼ばれていますが、昔はここに三本松があって、大阪の方から来た旅人の目印で峠にある小さな丘でした。今では松は根っこしか残っていません。南側に回ると岩に刻まれた不動明王が見られます。この不動明王は素人の人が3年ほどかかって彫ったものですが、非常によく出来ています。この不動さんから南に下る坂道が不動坂です。」

写真:不動坂

写真:霊石生不動明王


わたしたちは不動尊から山麓線を西へ、北野坂に向かいました。



写真:[左]ベンの家(BEN’S HOUSE) /[右]フランス館
「道の南側にあるベンの家(BEN‘S HOUSE)はイギリスの貿易商の邸宅で、ハンティングが趣味だったようで館内には動物の剥製がたくさん飾ってあります。その右隣の仏蘭西館はもとは居留地にあった外国人用のアパートです。その隣のイングリッシュハウスはイギリス人のお医者さんの家でした。閉館後はイングリッシュスタイルのパブになりますよ。
 道の北側ですが、ドイツの商人が終戦直後まで住んでいた建物で、戦後はアメリカ領事館官舎として使用され、現在は永田萌の作品を展示している北野美術館や旧パナマ領事館があります。旧パナマ領事館は中南米のミニチュアの船が展示されています。執務室は当時のままで、玄関入り口にはネプチューン(海神)像が1対置いてあり、この頭をなでると幸せになると言われています。」

写真:イングリッシュハウス


山麓線から北野坂へ。



写真:[左]リンズギャラリー/[右]スターバックス

写真:[左]おしゃれなカフェ/[右]ウォールアベニュー
 三宮から北野へと続くこの坂道沿いにはジャズのライブハウスがたくさんあることから通称ジャズストリートとも言われることがあります。日本のジャズ発祥の地神戸を代表するジャズイベント「神戸ジャズストリート」のオープニングパレードも北野坂で行われます。
 北野坂の両側にはおしゃれなお店が並んでいます。
 「異人館「北野物語館」には最近「スターバックス」が入りました。北野坂にはリンズ・ギャラリー(北野町2丁目)、ウォールアベニュー(山本通1丁目)などの建築家安藤忠雄設計のビルがあります。ハンター坂にも安藤忠雄さんの設計されたものが結構ありますよ。さらに坂を下って中山手通1丁目の通称ゾウビルあたりにはマリナーズのイチロー選手が日本に帰ってくるとよく行くレストランなどもあります。」

写真:[左]インドクラブ/[右]ジャズライブハウス「ソネ」

写真:[左]通称「ゾウビル」/[右]北野坂



 さらに北野坂を下り、そしてこの日の出発点「凸凹広場」に戻ってきました。
 約3時間に及ぶ三宮~北野探索は無事終了しました。
 森山さんお疲れ様でした。ありがとうございました。


◆NPO法人KOBE観光ガイドボランティア(三宮、北野、旧居留地エリア)
  ※阪神・淡路大震災の傷跡を回る「震災学習支援ガイド」も行っています。
 TEL/FAX:078-251-8530
 http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/010/guide/

  


Posted by alterna at 14:35Comments(0)

2009年12月16日

三宮~北野界隈編:路地に潜むロジックとマジック -その6-


写真:[左]北野観光案内所/[右]風見鶏の館


北野広場は北野観光の中心的な場所で、即興で文章を書いてくれる路上詩人や風景画家たちが北野の風景になっています。通称ジャズストリートと言われる北野坂の終点にふさわしく、ジャズメンたちの彫刻が設置されています。サックス片手にベンチに腰を下ろして、隣に座ってくれる人を待っている黒川晃彦作の「プリーズ・リクエスト」は、誰かが隣に座ってリクエストしてくれることで完成する彫刻作品で、通称ジャズおじさんとして親しまれ、観光客が思い思いに写真を撮っています。
 北野広場に面して建っているのが有名な異人館「風見鶏の館(重要文化財)」で、ドイツ人の貿易商トーマスさんの邸宅でした。「雄鶏は警戒心が強いことからドイツ人は魔よけとして雄鶏を家によく使うようですよ」と森山さん。

写真:北野天満神社から見る風見鶏の館 


私達は観光ガイドボランティアさんの拠点である北野観光案内所(北野コアハウス)で少し休憩しました。一服しながら森山さんに伺ってみました。
「観光ガイドボランティアをされるようになって感じるものってなんですか?」
「神戸に住んで50年近くになります。もともと田舎の出身なので農村の風景も好きですが、今ではやはり神戸に住むのがいいですね。働いていた頃、大阪の友人に「神戸っていいね」と言われても、忙しかったこともあってその意味を実感しなかった。しかし今こうして縁あってボランティアをやって、自分で歩いてみると、「えっ」と思う発見が足元にいっぱいあります。
  ガイドで東遊園地にいったときのことですが、洋服発祥の地のモニュメント(環境造形Q制作の日本近代洋服発祥の地記念彫刻)を偶然見つけました。実は昔、洋服屋をやっていた頃にモニュメント設置の話があったことを、昔の多忙だった時代とともに懐かしく思い出しました。色々な発見に出合うことはまさに目からうろこが落ちる思いです。人生に寄り道、回り道はとても大切なことで、仲間や地域の人たち、神戸を訪れてくれる人たちと話すこと、出会いを大切に思うこと、そして喜びや楽しさを共有することはガイド冥利につきると思います。
人と話すというガイドの仕事が私に社会との新しい接点を開いてくれたのです。ガイドのために研修を受けると、もっと知りたい、もっと知って多くの人に喜んでもらいたいという思いが出てきました。そして人との様々なつながりができました。街を歩きながら、ここは勝海舟が歩いた道・・・その道を今こうして自分も歩いているんだなあと思うと、イメージがイメージを呼んで夢が膨らんでいきます。こんなことを思いながら歩き続けているうちに神戸が前よりもずっと好きになりました。」

写真:スーツの型紙をモチーフにした「日本近代洋服発祥の地記念彫刻」(東遊園地)


「観光で神戸に来る人たちに何かアドバイスありますか」
 「神戸ってやはり坂の街なんです。坂道を登ってはじめて気がつくようですが、ハイヒールなどは体への負担が大きいですよ」「トイレは観光案内所の地下にあります。1億円のトイレと言われるくらいに立派なトイレです。車椅子なども使用可能ですが、急な坂道の途中に入口がありますので、注意してください。」

写真:[左]観光案内所内風景(左から佐竹さんと森山さん)/[右]観光トイレ(女性用)



 北野観光案内所のすぐ山側にあるのが、北野天満神社。
「平清盛が鬼門鎮護のために建立した神社で、おみくじが変わっています。「水掛け、願掛け、かない鯉」がいて、引いたおみくじを水につけて占います。60段の階段をのぼると目の前の風見鶏の館が見事ですし、見晴らしが良くて神戸港の眺望いいですよ。この神社の玉垣には外国人の名前も多く見られます。やはり北野は外国人が多かったからですね」

写真:[左・右]北野天満神社鳥居と60段の急な階段(気をつけて登りましょう)


写真:かない鯉

(「三宮~北野界隈編:路地に潜むロジックとマジック -その7-」 へつづく)   


Posted by alterna at 13:41Comments(0)